関守石

ゴロタ石をシュロ縄などの飾り紐で十文字に結び、これを飛石上に置くことでこれより先の出入りを禁ずる役目を果たすもの。露地内における用と景の両面を併せ持つ。

ページトップ