迎付

茶会の時に亭主が、招待した客を中門の手前で迎えること。招待された客が待合いに揃った時点で、亭主の合図により客は正客を先頭に待合いを出て中門に向かう。亭主は頃合いを見計らって中門に赴き、門を開いて亭主石の上に立つ。そして客は中門の外で亭主と無言の一礼をして挨拶を交わすのである。

ページトップ