躙口

茶席の客の出入り口の一つで、利休居士が舟付に漁夫たちが躙口から出入りするのを見て考案したものと伝えられている。方形で60cm角ぐらいの狭い出入り口で、どの様な客もこの入り口から出入りする。

ページトップ