袖形燈籠

全体の形が袖のようなところからこの名称がついている。修学院離宮下の茶屋にあるものや、本派本願寺飛雲閣庭園内にあるものが有名である。

ページトップ