蛇籠

割竹を編んでその中に玉石などを詰めて、水流の浸食などを防ぐために用いられたするが、流れなどの添景物としての要素のほうが大きい。

ページトップ