薬研彫

鎌倉、室町期の石造品に見られる彫り方の呼称で、文字をVの字形に深く彫る彫り方。この彫り方だけでも、その石造品の大凡の時代判別にもなる。

ページトップ