竹垣

竹材を使用した垣の総称。 四ツ目垣、金閣寺垣、銀閣寺垣、建仁寺垣、大徳寺垣、龍安寺垣、桂垣、松明垣、御簾垣、大津垣、鉄砲垣、穂垣、光悦寺垣など、種類が豊富である。完全に周りからの視線を遮断するために用いられる「囲垣」、庭園内または露地の仕切(境界)として用いる「仕切垣」、建物(書院・茶室)に付していて見切、目隠し、一つの添景として用いられる「袖垣」に分けられる。 竹垣は、風流なものとしてもてはやされたことで、茶庭や一般の庭園に取り入れられていったとも考えられる。枯れて茶色に変化した竹肌の持つ侘びた風合いも竹垣の魅力である。最近では、メンテナンスの軽減のため、樹脂製の人工竹垣が多く使われるようになった。真竹や青竹・ゴマ竹など種類は豊富である。

ページトップ