礎石

木造寺社建築の柱の根本に据えられている石のこと。近年、飛石や手水鉢などで庭園に使用されるようになると、素朴ながらも力強い意匠であることや、実用を兼ねたものであることなどから、現在では最初から庭園資材用に作られている。そのために本来の建築用のものと比較すると、厚みが非常に薄い。

ページトップ