格狭間

蓮弁を図案化したもので、基壇、台座等の側面の長方形部分を飾る特殊な刳(くり)方。台の脚につけられた装飾から変化したもの。古くは牙象(げしょう)、眼象(げんしょう)といった。

ページトップ