数寄屋

茶室の初期の呼称。佗び好みの人が作った建物をいう。日本の建築様式の一つであり、数寄屋(茶室)風を取り入れた住宅の様式とされる。もとは庭園に面した別棟として造られた小規模 (多くは四畳半以下) な茶室を「数寄屋」と呼んだ。茶室から住宅などへとその幅を広げていった。現代では、料亭や住宅でも数奇屋建築にならったものが造られる。

ページトップ