摘芯

芽先を摘み取ること。「ピンチ」「芯止め」とも呼ばれる剪定法の一種。枝やつるの先端のことを「芯」と言い、これをつみ取る。成育がさかんな頂芽を摘み取ることで、腋芽の発育をよくし、側枝の発生を促す。樹型を整えたり、花をたくさん咲かせることができ、果樹や野菜などでは収穫を増やす目的でも行われる。

ページトップ