待合

茶の露地の中にあって、腰掛け待合いともいう。茶事の際、亭主からの迎付けがあるまで、待っているところ。この部分にも正客以下の役石がある。

ページトップ