廻遊式

鎌倉時代以降に盛んに作られた池庭の形式で、池のまわりなどを歩きながら鑑賞する形式で、江戸初期の池庭や現代の庭などにもこの形式がある。

ページトップ