寄棟造

四柱造ともいう。大棟と四つの隅降棟を持つ形式。建築物の屋根形式のひとつで、4方向に傾斜する屋根面をもつものをいう。寄棟造は、世界各地の住宅などで見られる一般的な屋根の造りである。長方形の平面で妻側の三角形の屋根と平側の台形の屋根からなる。4方に傾斜を持つことから、切妻造と比較して、雨の流れがよく雨仕舞いに優れる。

ページトップ