外露地

露地内の中門の迎え付けをするところを境にして、外側を外露地、内側を内露地という。利休の頃の露地にはこのような区別がなく、分けられるようになったのは後世になってからである。

ページトップ