塔頭

本来の意は、当時の住職に帰依して、師のために設けた塔所であることから塔頭の名が付いた。現在では本坊を中心として山内にある多くの支院のことをさす。

ページトップ