前苑

前庭、南庭、時には御前の壺などともよばれるが、普通は書院前の庭のことをいう。平安期以降南苑、南庭、南池などと混同して使われている。殿舎の前は白砂敷きとし、その前部に池などを作る。

ページトップ