前栽

平安期の頃に、寝殿の前庭として、植裁本位の庭が作られ、これを前栽とよんだ。後世では一般的に前栽というと庭全般のことをいう。

ページトップ