二番石

茶の露地における躙口付近の役石の一つで、躙口の際にある踏み石が一番石といい、それに続く二番目の石ということで、二番石の名が付けられている。

ページトップ